小児のタミフル服用のリスクと対応策

インフルエンザにかかった子供タミフルはインフルエンザ治療における画期的な治療薬として市場に登場しました。経口薬として日本人にはとても受け入れやすい薬であったということが注目された大きな理由です。正しく服用することによって治療を1日から2日程度早めることができるというのは、高熱を中心とした苦しい症状を引き起こすインフルエンザ治療においては高い評価を受けるのに十分な治療効果でした。実際に世の中でタミフルが使用されると、その治療効果が高い評価を受けるようになる一方で、問題も発生することになりました。
未成年のタミフル服用者が異常行動を起こし、転落死するような事件までもが発生したのです。精神に異常を来す可能性があるというのは高いリスクであり、特に小児での服用において注意喚起がなされるようになっています。しかし、小児においては高熱が続くことに由来すると考えられているインフルエンザ脳症を起こしてしまうリスクが高く、肺炎や中耳炎などの感染も頻繁に見られるという事実があります。そのため、タミフルを用いて回復を早めるということに大きな意義があるのも事実です。その初期の対応策は小児の服用時には親が十分に目をやって異常行動を防ぐというものでした。これは現在でも行われている有効な対応策です。一方で、タミフル以外にも同種のインフルエンザ治療薬があることから、それを用いて治療を行うというのも対応策の一つです。吸入薬といった小児にとって使用しづらい場合もある治療薬がある一方で、タミフルを飲むことすらできない患者にも点滴注射薬が開発されています。そういった選択肢をとることによってタミフル服用によるリスクを回避することができるようになっています。