タミフルが人気な理由とは

タミフルを処方タミフルは2001年に発売されるとともに、画期的な抗インフルエンザウイルス薬として有名になった治療薬です。それまでは解熱剤などを使った対処療法しかなく、原因療法による治療が困難でインフルエンザで亡くなる人が多い感染症とされていました。いまでは早期診断、早期治療ができるほどインフルエンザ治療が飛躍的な進歩を遂げ、タミフルは多くの医師が処方する治療薬となっています。タミフルはノイラミニダーゼ阻害薬とされ、体内に侵入したインフルエンザウイルスの増殖を阻害する薬として使用され、感染後の症状が出てから48時間以内に服用すると、ウイルスの増殖を抑えて短期間で治す、または症状を軽減するというものです。
タミフル以外にも治療薬はありますが、効果は同じように阻害薬として、増殖を抑えて回復を早めるというものです。その他にも治療薬があるのに何故タミフルが最も使用されているのかについては、効果、副作用、飲みやすさ、値段といった要素から考慮した結果となっています。タミフルは1~5歳までなら特に効果が高いとされ、飲みやすいシロップがあることから、幼児期の子どもに多く処方されます。また他の治療薬と比べて、安価であることも大きなメリットとなっています。ただし副作用が大きく、ニュースにも取り上げられた異常行動が10代で多いことから、20歳未満の子どもには処方を控える傾向にあります。しかしインフルエンザ感染で重症化した場合はこの限りではなく、医師の判断でタミフルを処方することがあります。近年ではウイルスが治療薬に対して耐性を持ち始めたため、効果が薄くなっている傾向にあります。そのため患者の体調や症状などケースバイケースで、他の治療薬と使い分けられるようになっています。