インフルエンザでは幻覚も見る

高熱で悪い夢を見ている女性タミフルに関してネガティブな印象を抱く保護者の方は多い言われています。なぜなら、かつてタミフルによる小児の異常行動が社会問題と化したためです。連日テレビや新聞が子どもの異常行動を連日連夜報道しました。マンションのベランダから落下した、突然服用者が暴れだす、奇声や暴言を出す等、タミフルの副作用とされた異常行動は一般的な風邪薬とは違う異質なものでした。
しかし、近年そういったタミフルに関するネガティブな報道はありません。その理由はとても簡単であり、医薬品による副作用と断定された数々の副作用がインフルエンザ症状によるものだと判明したためです。もちろん諸説あり、タミフルを子どもに投与する事を避ける専門家もいます。ただしかつて連日連夜報じられた異常行動の原因は発熱による悪夢だと分析されました。
成人でも40度近い高熱に浮かされますと、就寝後酷い悪夢に襲われます。またウイルスを撃退するため人の身体は防衛機構として体温を高く保持し、その反動として人の脳は幻覚や幻聴を感じ取ってしまうのです。インフルエンザを患う人々は年齢や医薬品の有無に関係なく、熱に浮かされます。酷い発熱から手足をバタバタ動かす、虫やお化けなどの幻覚をリアルと錯覚し奇声や悲鳴をあげてしまう等、その様子は第三者視点でみればまさに異常行動です。
しかし繰り返しになりますが、それらはインフルエンザによって発生した人体の防衛機構による反動であり、タミフル服用と異常行動との因果関係はありません。当時、マスコミが文字通りタミフルを犯人と断定し、魔女狩りのごとくバッシングしました。子どもたちは成人よりもインフルエンザへの対抗力が低く、幻覚や熱に浮かされるリスクが高いです。タミフルは人体の防衛機構の働きを支援する医薬品であり、大人の監視のもと、子どもたちに服用させれば、特にリスクはありません。